出費する費用は少な目で利益が大きい中古マンションでの投資をしよう

注意すること

一万円札

銀行や証券会社などの金融機関は、投資家に対して様々な資産運用のプランを提案することが可能である。
その中にはインフレに強い投資対象もあり、特に不動産の魅力をわかりやすく解説する金融機関も多いのである。
しかし個人投資家の中には、不動産投資を行うためには大きな資金が必要であるというイメージを持つ人も多いであろう。
しかし一棟売りのビルやアパートを購入する以外にも、ワンルームマンションのような小口の物件への投資を行うことも可能である。
したがって1000万円前後の資金であっても、不動産を活用した資産運用を行えるであろう。
更にREITを活用することで、より一層小口の資金で流動性の高い資産運用も行えるのである。

とりわけ近年注目されているのが、ワンルームマンションの購入による資産運用である。
その最大のメリットは高い利回りで安定した家賃収入が得られることと、不動産の値上がり益が得られることである。
また実際にマンションを購入する場合には、ワンルーム物件を幅広く取り扱う不動産業者の活用が便利であろう。
特に各種投資セミナーを主催している業者であれば、初めてマンションを購入する場合でも、気軽に相談できるであろう。
またREITを活用して不動産による資産運用を行いたいときには、証券会社の利用が便利である。
特にNISAを使ってREITを購入することで、非課税制度をフルに活用できるために、資産を大きく増やすことが可能であろう。