出費する費用は少な目で利益が大きい中古マンションでの投資をしよう

リフォーム費

スマートフォンを持つ手

マイホームを購入する時には大半の人が住宅ローンを組み、長い年月をかけて返済していきます。
住宅ローンは銀行などの金融機関からお金を借りて利子を加えて返済していくことですが、各金融機関によって金利や手数料などがことなりまたローンの種類には固定金利と変動金利があるので非常に選択肢が多いものから選ぶことになります。
どの項目を優先して利用先を決めるのかですが、まず金利が最優先の比較項目となります。
借入額が大きくまた返済期間が長いので、少しでも金利が低いところが支払利子が少なくて済むので有利です。
また繰り上げ返済を考えている人にとっては手数料も馬鹿になりません。
無料となっているところもありますので調べてみましょう。

変動金利か固定金利かどちらを選択する方が有利か、ということがよく議論されていますが、現在の金利からすると圧倒的に変動金利が有利です。
固定金利はその名のごとくずっと金利がかわらないもので、今の低い金利状態が続くのであれば固定金利は不利です。
逆に変動金利はその名のごとく金利が変わることがあります。
将来金利が上がらないとは限らないので、それを恐れて固定金利を選択する人がいます。
しかしローンは借り換えといって途中で他のローンへ切り替え出来、また金利の見直しは半年毎となっているため変動金利が固定金利を上回ってもその時に切り替えを検討しても決して遅くありません。
そして返済期間は出来るだけ短く設定することが大切です。