出費する費用は少な目で利益が大きい中古マンションでの投資をしよう

ローンを組む

コールセンターの男性

資産運用の手段の1つとして不動産投資があります。
中古ワンルームマンションやオフィスビルの区分所有、1棟アパート、等、その種類は様々です。
但し、初心者の場合は、まず、中古ワンルームマンションを検討することが多いです。
なぜならば、価格が手頃であるうえに、取り扱っている業者も多く、様々な業者で話を聞くことによって、比較検討ができるからです。
不動産投資を考える際に、一番気を付けなければならないことは空室リスクです。
空室リスクとは、その賃貸物件が空き部屋になってしまうというリスクです。
空室になった場合には当然家賃が入ってきません。
空室リスクは人気の高い街ほど低く、郊外の閑散とした街に行くほど高くなりがちです。

空室リスクが高い賃貸物件は安く売り出されている傾向があります。
そのため、利回りは高くなります。
これは賃貸物件を保有しているだけでも固定資産税や管理費などのラーニングコストがかかるため、価格を安くしてでも売りたいという傾向があるからです。
もしも、高利回りの賃貸物件を検討することがあったら、空室リスクがどれくらいか確認しておくと良いです。
都市部の賃貸物件は空室リスクが小さいため、価格も高めです。
これは保有者にとってしてみれば、無理に売らなくても家賃収入を得続けることができるからです。
空室リスクが価格に反映されているということを理解しておけば、格安物件に飛びついて、購入後に頭を抱える事態になるということがなくなります。